MF研究者総覧

教員活動データベース

クリエイティブコミュニティによる空き家活用体制の構築:「未来の有田」シナリオプロジェクト

発表形態:
原著論文
主要業績:
単著・共著:
発表年月:
2019年
DOI:
会議属性:
査読:
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
田口 陽子;中川 大起;クリンカス クン;柄沢 祐輔;後藤 隆太郎;三木 悦子;清水 耕一郎;田中 妙子
題名:
クリエイティブコミュニティによる空き家活用体制の構築:「未来の有田」シナリオプロジェクト
発表情報:
住総研研究論文集・実践研究報告集 巻: 45 号: 0 ページ: 219 - 228
キーワード:
概要:
「未来の都市のシナリオを表現するアートの制作を通じてコミュニティ形成と空き家活用体制構築を目指す」本プロジェクトは,陶磁器生産地として困難な時期にある有田町の空き家活用方法を探るために,保存物件の空き家において地域の担い手がアーティストとともに文化芸術活動に取り組むものである。ワークショップの成果である「未来の有田」のシナリオをもとに2つのアート作品を制作し,それらを都市空間に埋め込むことにより,まちづくりにおける地域住民の議論を誘発し,公設民営による空き家活用の動きにつなげた。フランスの哲学者エリー・デューリングは未来の様々な可能性を示唆するアートを 「プロトタイプ」 として提示するが,ここではプロトタイプとしてのアートの制作を通じたコミュニティ形成と空き家活用体制構築が目指されている。
抄録:

英語フィールド

Author:
Taguchi Yoko;Nakagawa Daiki;Klinkers Koen;Karasawa Yuusuke;Goto Ryutaro;Miki Etsuko;Shimizu Koichiro;Tanaka Taeko
Title:
Building a management system for vacant houses by creative community:Future Arita scenario project
Announcement information:
JOURNAL OF THE HOUSING RESEARCH FOUNDATION "JUSOKEN" Vol: 45 Issue: 0 Page: 219 - 228
An abstract:
To form creative community and to build a management system for building heritages through the creation of artworks that expresses future scenario of the city. This project attempts to explore how to manage vacant houses in Arita-cho which is in difficult time as a pottery producing district, through the local players work on cultural and artistic activities with artists in a building heritage. Expressing the scenario of "Future Arita" with two artworks and embedding them in the urban space, we induced the discussion of local residents in city planning, leading to the movement of utilization of vacant houses by Public Private Partnership. The French philosopher, Elie During considers artworks indicating various possibilities of the future as "prototypes". Here we embed artworks as prototypes representing future scenario of the city in urban space so as to forming creative community as well as building management system of vacant houses.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.