MF研究者総覧

教員活動データベース

CASガイドラインに基づく小学校プログラミング教材の提案:mBotロボットとアルゴリズム学習用ツールキットの活用

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2018年08月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
有り
リンク情報:
情報処理学会 情報教育シンポジウム2018

日本語フィールド

著者:
岩崎誠,掛下哲郎 読み: イワサキマコト,カケシタテツロウ
題名:
CASガイドラインに基づく小学校プログラミング教材の提案:mBotロボットとアルゴリズム学習用ツールキットの活用
発表情報:
情報処理学会 情報教育シンポジウム2018 ページ: 9 - 16
キーワード:
プログラミング教育,初中等教育,論理的思考,mBotロボット,CASガイドライン
概要:
抄録:
2020年から小学校にて新学習指導要領が実施され,プログラミングを通じて,論理的思考力を育成することが決まっている.しかし,文部科学省が本年3月に公表した「小学校プログラミング教育の手引き(第1版)」等を見ても,具体的な教育内容や教育レベルは明確とは言えない.我々は,論理的思考力を育成するために,mBotロボットを用いたアルゴリズム学習用ツールキットを開発している.本ツールキットは,mBotの様々な機能をカバーする22個のプログラム群から構成されており,仕様,アルゴリズム,scratchプログラム及びハードウェアを関連づけてmBotプログラミングを学習できる.本論文では,イングランドのComputing At School(CAS)が策定したComputing Progression Pathways(CASガイドライン)に基づいて,本ツールキットを活用したプログラミング教材を提案する.Computing Progression Pathwaysでは,6項目の学習項目と8つのレベルを用いて初中等段階における情報教育の全体像を定義している.本論文では,プログラミング教育との関連が深いアルゴリズム.プログラミングと開発,ハードウェアと制御の3項目について,小学校で標準とされるレベル1~5に対応するプログラミング教材を設計した.本教材では,使用する言語機能や,生徒に対する指示内容を適切に選ぶことでレベルに応じた教育を行える.

英語フィールド

Author:
Makoto Iwasaki, Tetsuro Kakeshita
Title:
A Proposal of Elementary Level Programming Education Material Based on CAS Computing Progression Pathways: Utilizing mBot Robot and a Toolkit to Learn Algorithmic Thinking
Announcement information:
Summer Symposium in front of Shiranui-sea 2018 Page: 9 - 16
Keyword:
Programming Education, Elementary and Secondary Education, Algorithmic Thinking, mBot Robot, CAS Guidelines
An abstract:
New curriculum will start at Japanese elementary schools in 2020. The curriculum contains education of algorithmic thinking through programming education. However education content and expected level are still unclear, although Japanese ministry of education published a leaflet of programming education at elementary schools (first edition). We have developed a toolkit to learn algorithmic thinking using mBot robot. The toolkit contains 22 programs that cover all functions of mBot hardware components. A toolkit user can learn computer programming by using correspondence among specification, algorithm, Scratch code and mBot hardware component. We propose programming education material utilizing the toolkit in this paper. The material is based on Computing Progression Pathways instituted by Computing At School (CAS Guidelines) in England. CAS guidelines define overview of information education at elementary and secondary school by 6 categories and 8 levels. We design education material about algorithm, programming & development, hardware & processing having strong relationship with programming education. The material corresponds to the education level 1 to 5 that is standard at elementary school. Education level of our material is controlled by selecting appropriate language feature and instruction to the students.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.