MF研究者総覧

教員活動データベース

顔認識を用いるGlasswareのためのプライバシー保護ツールキット

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2017年08月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:
第141回情報システムと社会環境研究発表会

日本語フィールド

著者:
岩崎誠,掛下哲郎 読み: イワサキ マコト,カケシタ テツロウ
題名:
顔認識を用いるGlasswareのためのプライバシー保護ツールキット
発表情報:
情報処理学会 情報システムと社会環境研究発表会 巻: Vol. 2017-IS-141 号: No.8 ページ: pp. 1-8
キーワード:
Google Glass,プライバシー保護,ツールキット,OECD 8原則,顔認識
概要:
抄録:
GoogleはGoogle Glass(Glass)での顔認識技術の使用を禁止している.Glassはウェアラブルデバイスなので,写真や動画の撮影が気づかれにくく,プライバシー侵害に関する懸念の声が上がっていることが原因である.本論文では,個人情報保護の基本となるガイドラインとしてOECD 8原則を採用し,顔認識を用いるGlasswareおよびGlasswareで収集した個人情報を利活用するWebアプリケーションにOECD 8原則を遵守させるためのプライバシー保護ツールキットを提案する.このツールキットは,Glassware用ツールキットとWebアプリケーション用ツールキット,管理アプリケーションの3つで構成されている.Glassware用ツールキットは,被認識者に関連する情報を取得・表示するGlasswareに組み込むことを想定して開発しており,顔認識機能,ログ収集機能,ログ保存機能,ログ保存の許可申請機能,認識結果取得機能を提供する.Webアプリ用ツールキットは,収集したログの参照,変更,分析を行うWebアプリに組み込むことを想定して開発しており,画像ログ参照機能,その他ログ参照機能,ログ削除・ログ更新申請機能を提供する.管理アプリケーションは,ユーザーやアプリケーション,ログを管理するアプリケーションである.OECD 8原則のうち,目的明確化の原則・収集制限の原則・データ内容の原則・個人参加の原則にはツールキットで対応し,その他の原則についてはアプリ開発者の対応や既存手法を用いることで,プライバシーを保護している.

英語フィールド

Author:
Makoto Iwasaki, Tetsuro Kakeshita
Title:
A Privacy Protection Toolkit for Glassware with Face Recognition
Announcement information:
Technical Report at SIG on Information System and Social Environment Vol: Vol. 2017-IS-141 Issue: No.8 Page: pp. 1-8
Keyword:
Google Glass, Privacy Protections, Toolkit, OECD Privacy Guidelines, Face Recognition
An abstract:
Google prohibits using face recognition with Google Glass (Glass) because of the privacy problem. It is difficult for people to recognize capturing using video or still image because Glass is a wearable device. In this paper, we utilize OECD privacy guidelines as fundamental principles for privacy protection and propose a privacy protection toolkit for Glassware using face recognition and Web application utilizing privacy information collected by the Glassware. The toolkit is composed of a toolkit for Glassware, a toolkit for Web application and the administration application. A third-party Glassware is required to call functions, provided by the toolkit for Glassware, such as face recognition, log collection, storing of a log record, getting permission from a user to store a log record, and acquisition of face recognition result. A third-party Web application willing to utilize the collected log records is required to call functions, provided by the toolkit for Web application, such as reading the collected log records and images together with apply functions to update or delete a specified log record. The administration application provides administration functions of the users, registered applications and log records.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.