MF研究者総覧

教員活動データベース

国内750大学の調査から 見えてきた情報学教育の現状

発表形態:
招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
単著
発表年月:
2017年07月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
掛下哲郎 読み: カケシタ テツロウ
題名:
国内750大学の調査から 見えてきた情報学教育の現状
発表情報:
理工系情報学科・専攻協議会 研究会
キーワード:
情報教育,Web調査
概要:
抄録:
平成28年度 文部科学省委託事業「超スマート社会における情報教育の在り方に関する調査研究」の一環として情報処理学会が受託した大学における情報教育の現状について報告した.また,調査結果を踏まえて情報分野におけるコアカリキュラムの策定に関する今後の方向性を示した.  情報専門学科は,従来想定されてきた理工系の範疇を大きく超えて広がっており,約3万人の学生が履修している.一方,情報専門教育を行う非情報系学科は学校基本調査の11区分すべての学部に及んでおり,少なくとも10万人以上の学生が履修している.一般教育・共通教育としての情報学教育は少なくとも25万人以上の学生が履修している.これらの現状を踏まえて,様々な学科・学部・大学における情報学教育のコアカリキュラムを策定する必要性が大きい.

英語フィールド

Author:
Title:
Announcement information:


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.