MF研究者総覧

教員活動データベース

ソフトウェア技術者認証に関する国際標準ISO/IEC 24773とその改訂に向けた戦略

発表形態:
招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
単著
発表年月:
2017年03月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:
情報処理学会 第79回全国大会 イベント「CITP続々誕生 −国際的に通用する高度情報処理技術者資格−」

日本語フィールド

著者:
掛下哲郎 読み: カケシタテツロウ
題名:
ソフトウェア技術者認証に関する国際標準ISO/IEC 24773とその改訂に向けた戦略
発表情報:
情報処理学会 第79回全国大会 イベント「CITP続々誕生 −国際的に通用する高度情報処理技術者資格−」
キーワード:
概要:
抄録:
ISO/IEC JTC 1/SC 7/WG 20(ソフトウェア及びシステム知識体系とプロフェッショナル形成)は2008年にISO/IEC 24773を策定した.これはソフトウェア技術者を対象とする各種の資格制度を相互に比較するための枠組みであった.ISOの枠組みではcertification(更新制度のある資格制度)とqualification(更新制度のない資格制度)を厳密に区別している.現在,同標準規格を改訂し,ソフトウェア技術者およびシステム工学技術者を対象とするcertificationに対する要求事項を定義する取り組みが進んでいる.新たに策定中のISO/IEC 24773は4つのパート(Part 1〜4)から構成されており,2015年11月にはPart 1(共通の要求事項)に対するNWIPが正式に承認された.Part 1が正式なISO標準になるのは2018年末の予定だが,実質的な検討は終盤を迎えつつある.本講演では,ISO/IEC 24773改訂を巡る各国の動向(IEEE-CS,EU,英国のEU離脱)や影響,日本のIT資格の現状(技術士(情報工学)資格と情報処理技術者試験の相互連携やCITP資格など)を踏まえた対応などについて,最新状況を報告する.

英語フィールド

Author:
Title:
Announcement information:


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.