MF研究者総覧

教員活動データベース

プログラミング穴埋め問題におけるコメントと問題難易度の関連分析

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2015年10月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:
情報処理学会 コンピュータと教育研究会 131回研究発表会

日本語フィールド

著者:
村田 美友紀、掛下哲郎 読み: ムラタ ミユキ、カケシタ テツロウ
題名:
プログラミング穴埋め問題におけるコメントと問題難易度の関連分析
発表情報:
情報処理学会 コンピュータと教育研究会 131回研究発表会 ページ: 8ページ
キーワード:
教育工学、プログラミング教育支援ツール、穴埋め問題、データアナリティクス
概要:
抄録:
我々は,プログラミング教育ツールpgtracer の開発を行っている.本ツールが出題する問題はプログラムとトレース表からなる穴埋め問題である.これまでの研究により,穴抜きの種類やプログラムに付加されるコメント等が,問題の難易度に影響を与えることが分かった.本稿ではコメントに注目し,その種類による問題難易度の違いを定量的に評価する.分析の結果,コードの意図(アルゴリズム)を説明するコメントが最も難易度に関係することが分かった.さまざまな種類のコメントを使い分けることで問題の難易度を制御できるため,学生の習熟度に応じた問題の提供や解答結果を用いた学生の習熟度の推定など,本ツールを用いたプログラミング教育の改善が期待できる.

英語フィールド

Author:
Miyuki Murata, Tetsuro Kakeshita
Title:
Relationship Analysis between Difficulty Level and Comment Type in Fill-in-the-Blank Programming Questions
Announcement information:
Page: 8ページ
Keyword:
Educational Engineering, Programming Education Support Took, Fill-in-the-blank question, Data analytics
An abstract:
We are developing a programing education support tool pgtracer utilizing ll-in-the-blank question. The tool gives a ll-in-the-blank question that consists of a program and a trace table to a student. From our previous reseach, we have found that difficulty level of question is affected by the blank type and comment. In this paper, we quantitatively evaluate relationship between difficulty level of questions and comment type. Through the analysis we found that the comment which explains the intension of a program affects the difficulty level more than other type of comments. Because we can control the difficulty level of a question by using various types of comments, we can expect to improve programing education, such as providing questions with appropriate difficulty level and proper evaluation of achievement by analyzing student's answer, by utilizing pgtracer.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.