MF研究者総覧

教員活動データベース

ソフトウェア設計支援ツールPerseus における模範解答との比較機能の改良と評価

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2015年09月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
柴田祐貴,掛下哲郎 読み: シバタユウキ,カケシタテツロウ
題名:
ソフトウェア設計支援ツールPerseus における模範解答との比較機能の改良と評価
発表情報:
情報処理学会 九州支部 若手の会セミナー ページ: 8ページ
キーワード:
概要:
抄録:
近年のソフトウェアの大規模化に伴い系統的なソフトウェア設計を行うことは重要な課題となっている。そこで、我々は系統的なソフトウェア設計を教育するための支援ツールPerseus を開発している。前年度の研究で、Perseus に模範解答との比較機能を実装した。本論文では添削ミスを減らすために比較機能の改良及び評価を行う。比較機能では、レーベンシュタイン距離を用いてマッチングの妥当性を判定している。しかし、いくつかの設計ミスについてはレーベンシュタイン距離を用いた判定では検出することができない。そこで、不正解ノードを用いた判定とキーワードを用いた判定を比較機能に追加する。また、レーベンシュタイン距離を用いた判定に対してノード毎に閾値を変更す機能を追加する。さらに、追加した機能の評価実験を実施し、設計ミスの検出状況について調査を行った。追加した機能を利用することで、使用しなかった場合と比較して設計ミスを21%多く検出できるようになった。添削ミスについても全体の14.3%から6.9%に減らすことができた。

英語フィールド

Author:
Yuki Shibata, Tetsuro Kakeshita
Title:
Improvement and Evaluation of Comparison Function with Model Answer for Software Design Support Tool Perseus
Announcement information:
Page: 8ページ
An abstract:
Systematic software design is an important issue in recent years according to the increase of software size. We are developing a software tool Perseus for systematic software design education. We have developed the comparison function for Perseus between the model answer and student’s answers. In this paper, we improve and evaluate the comparison function to reduce incorrect matching. The comparison function decides validity of matching using Levenshtein distance. However, some design mistake cannot be detected using Levenshtein distance. In order to solve this problem, we improve the comparison function by utilizing incorrect answer and keywords. We also add the function to adjust threshold for matching using Levenshtein distance. We perform an evaluation of these functions by using 20 answers of students. The number of mistakes detected by the comparison function is increased by 21% compared with the original function. The number of incorrect matching is reduced from 14.3% to 6.9%.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.