MF研究者総覧

教員活動データベース

プログラム穴埋め問題の解答ログを用いた学生の理解度分析

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2015年09月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
太田康介,掛下哲郎 読み: オオタコウスケ,カケシタテツロウ
題名:
プログラム穴埋め問題の解答ログを用いた学生の理解度分析
発表情報:
情報処理学会九州支部 若手の会セミナー ページ: 8ページ
キーワード:
概要:
抄録:
我々は穴埋め問題を用いたプログラミング教育支援ツールpgtracer の開発を行っている.本ツールは学生に対し,プログラムとトレース表の組に対する穴埋め問題を出題する.学生が問題に解答する際,入力した解答や所要時間,採点結果などを解答ログとして収集する.本稿では,収集した解答ログを分析した結果を示す.分析では正解率や平均所要時間に基づいて学生の苦手個所を特定し,間違いの種類に応じて学生の理解度を分析する.解答過程を分析すると,多くの学生は上から順番に穴埋めをしているが,プログラムの実行順に穴埋めを行う学生の多くが高得点を得ていることが分かった.また,クラス全体の分析結果と学生個人の分析結果を比較することで,学生の理解度を把握できる.

英語フィールド

Author:
Kosuke Ohta, Tetsuro Kakeshita
Title:
Analysis of the Understanding Level of Students Based on Student Log of Fill-in-the-Blank Questions of Program
Announcement information:
Page: 8ページ
An abstract:
We are developing a programming education support tool pgtracer utilizing fill-in-the-blank questions. This tool provides fill-in-the-blank questions composed of a C++ program and a trace table to students. When a student answers a question, pgtracer collects student's answers, elapsed time, evaluation result, and answering process as student log. In this paper, we report the analysis result of the collected log. We analyze the weak points of the students based on the accuracy rate and the average elapsed time for each blanks. We also analyze the understanding level of the students based on the type of wrong answers. Moreover, we analyze understanding level of each student by comparing the analysis results of the entire class and the student.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.