MF研究者総覧

教員活動データベース

穴埋め問題を用いたプログラミング教育支援ツールpgtracerの運用実験

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2014年08月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
有り
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
柳田崚,太田康介,大月美佳,掛下哲郎 読み: ヤナギタリョウ,オオタコウスケ,オオツキミカ,カケシタテツロウ
題名:
穴埋め問題を用いたプログラミング教育支援ツールpgtracerの運用実験
発表情報:
情報処理学会 情報教育シンポジウムSSS2014 ページ: 1-8
キーワード:
概要:
抄録:
我々は,学生のプログラム理解度やプログラミング能力を定量的に評価する教育支援ツールpgtracerを開発している.本ツールはMoodleのプラグインとして開発されており,プログラムやトレース表に対する穴埋め問題を学生に出題する.学生が解答すると,各問題の採点結果や学習時間などの学習ログ,学生が穴に入力した答案,時刻,正誤などの解答ログを個別に収集できる.本論文では pgtracerが半年間のプログラミング教育を受けた初学者の教育に有用かどうか評価するために運用実験を行った.運用実験の実施により得られたログを元に,学生の解答過程の分析,問題の難易度の定量的評価を行う.学生の解答過程の分析では,個人の成績に応じていくつかのパターンがあることがわかった.また,問題の難易度を定量的に評価するため,穴の種類ごとの所要時間を集計し,比較することで穴の種類に応じた難易度の違いを定量的に明らかにした.これを通じて,穴の重みを系統的に決定できる.

英語フィールド

Author:
Ryo Yanagita, Kosuke Ohta, Mika Ohtsuki, Tetsuro Kakeshita
Title:
Operation Test of Programming Education Support Tool pgtracer utilizing Fill-in-the-Blank Questions
Announcement information:
Page: 1-8
An abstract:
We are developing a programing education support tool pgtracer in order to evaluate program’s understanding level and programming ability of students. pgtracer is developed as a Moodle plug-in, and make questions that some parts are masked in a pair of a program and a trace table. When a student answers a problem, pgtracer can collect study log (evaluation score and study time) and answer log (student’s answer, answer process and correct answer). In this paper, we carried out an operation test of pgtracer in order to evaluate the usefulness of the tool for beginners after a half year programming education. We analyzed the collected log data. The answer process has typical patterns depending on the evaluation score. We clarified the difficulty of a mask for each mask type by aggregating and comparing the answer log. The result is useful to assign weight for each mask in a systematic manner.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.