MF研究者総覧

教員活動データベース

既存プログラムを対象としたソフトウェア設計の理解過程の分析

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2013年03月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
本末 光,掛下 哲郎 読み: モトスエヒカル,カケシタテツロウ
題名:
既存プログラムを対象としたソフトウェア設計の理解過程の分析
発表情報:
情報処理学会ソフトウェア工学研究会報告 巻: 2013-SE-179 号: 8 ページ: 1-8
キーワード:
概要:
抄録:
本研究では,既存のプログラムのソフトウェア設計の理解過程を分析する.用意したプログラムを被験者にリバースエンジニアリングさせ,そのソフトウェア設計を記述してもらった.我々はその記述過程を記録し分析を行った.これを通して,(1) ソフトウェア設計の理解に掛かる時間はソフトウェア規模よりも早く増大する,(2) 単一ルーチンプログラムではデータ構造の理解に個人差が出る,(3) オブジェクト指向プログラムでは基本設計の理解に個人差が出る,(4) 複数の設計要素を同時に理解しようとすると逆に時間がかかる,(5) 複数のクラスから構成されるプログラムの場合,クラス間関連に沿って理解することで理解プロセスを効率化できる,ことが分かった.

英語フィールド

Author:
HIKARU MOTOSUE,TETSURO KAKESHITA
Title:
Analysis of Software Design Understanding Process of Existing Programs
Announcement information:
Vol: 2013-SE-179 Issue: 8 Page: 1-8
An abstract:
We analyze software design understanding process of existing programs in this paper. Each examinee is requested to understand the given programs and to describe the design of the programs. We record and analyze the description process. Through the analysis, we found that (1) design understanding time grows faster than the program size, (2) major difference among examinees lies in the difference of understanding time of data structure in case of a single routine program, (3) major difference among examinees lies in the difference of class level understanding time in case of an object oriented program composed of multiple classes, (4) simultaneous understanding of multiple design components causes longer understanding time, and (5) understanding process of object oriented program composed of multiple classes can be optimized by understanding the classes in the order consistent with relationship among classes.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.