MF研究者総覧

教員活動データベース

情報処理学会の高度IT資格制度・制度設計編

発表形態:
招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
単著
発表年月:
2012年10月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
掛下哲郎 読み: カケシタ テツロウ
題名:
情報処理学会の高度IT資格制度・制度設計編
発表情報:
情報処理学会 短期集中セミナー:高度なIT人材の育成を加速するために ~求められる人材像とその評価~
キーワード:
概要:
抄録:
高度IT資格制度の対象となるITスキル標準レベル4相当以上の能力・実績を持つ 情報系高度人材は約27万人と推計されている。このような規模の資格認証を実施するためには、個別のIT人材を直接評価する方式と、大手ITベンダー等が実施している社内資格制度を組み合わせた方式を採用するのが合理的である。本講演では、これらを考慮した情報処理学会の制度設計案について解説する。前者の方式(直接方式)は情報処理技術者試験(高度試験)合格の他に、実務での総合的な能力発揮や責務遂行の実績、およびプロフェッショナル貢献の実績を踏まえて能力を評価する。また、後者の方式(間接方式)では、社内資格制度等を対象とし、情報処理学会による認定審査を行う。大手企業等が本モデルに従って認定を取得することにより、高度IT資格の認証業務の一部を実施することができ、個別の資格制度の相互同等性および国際的通用性を第三者認定によって保証できる。

英語フィールド

Author:
Tetsuro Kakeshita
Title:
Announcement information:


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.